あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2017-09

実感のないショック


  8月も今日で終わり。
暑さも一緒に過ぎてほしいとつい思ってしまうこの頃。

 先日ある利用者さんの話を聞いてショックを受ける。
今は、暑ければ冷房し、寒ければ暖房することに
何の不自然も感じない暮らしをしています。

 でも、それは自然に対応していく対応力・適応力を強めることの
逆の方向に進んでいるのかもしれない。

 自然の変化に適応しながら生きてきた、
その基本の部分を弱める今の暮らしの
先のあり様を想うと大ショック。

 私にとって暮らしやすくても 
先々、次世代のことを想うと・・・・ですね。

 ささやかでも気を付けたいと思うこの頃です

罪つくりな、自動車



  まだまだ蒸し暑い日続きの名古屋です。
早朝7時半ごろの駐車場での目撃です。

 止めてある車の天井を飛来してきたトンボがお尻で
「チョン、チョン」とつつくような動きをしている。

 田舎育ちの爺さんの浮かんだことは、
「そこは水面ではないよ」と自然と言いたくなる。

 よく手入れされた、
罪つくりな、自動車目撃でした。

毎月の寄付 1000円します。

  その理由。 子供を心配する母親の思いは大事です。
その母親の思いに応えるために「たらちね子供クリニック」
開設プロジェクトを立ち上げた人がいます。

 東日本大震災の原発事故による放射能漏れを原因とする被ばくが
子供の健康に与える症状を早期に見つけ適切な対応によって、
母親の心配が除かれ、具体化される。
「今現在は心配無いです」とか、そのようなことを目指すプロジェクトです。

 放射能は空気のようなものです。
だから心配なのです。

 大人であれば人間ドックがありますが、子供の人間ドックはありません。
当然保険の対象にもなりません。

 母親と子供の将来に心配があれば、それを取り除くための
「たらちね子供クリニック」プロジェクトです。
それを応援します
いわき放射能市民測定室 たらちね

「お結び」のこころ


  チョット手にしたJA関連が発行する雑誌に「お結び」特集があった。
その事例を気にすることなく読み進んでいると・・・・

 『学校給食で余ったご飯を先生がお結びにする。
そして「お結びを食べたい人」と言うと、
ご飯を「いらない」と言ってた児童までも「食べたい」といって食べる』

 同じ「ごはん」なのに時々の状況で
「お結び」にするって
そんな「こころ」も伝えるんだね

法話会(通訳付き)

  何も考えずに「行きたい」と言う気持ちだけで参加した
クサラダンマ長老「仏教法話会」』全くの初めてのこと。

 礼拝は隣の人を見まねて「ふり」だけをして過ぎるのを待つ。

 法話は三蔵(教・律・論)の「論」を中心に
参加者の質問を交えながらの進行でした。
休憩なしの3時間半でした。

 驚くことに中座する人がいない。
爺さんは3回も中座しました。
そのことを質問すると「トイレは我慢することなし、自然にと言った感じ」
更に気が散ったときに「トイレ」へ行きたくなると話すと
「落ち着きなさい」とのご指導を頂く。
爺さんにとっては「ズボシ」と言った感じです。
日常に生かしたい。

 修行と言ったらよいのか、
瞑想の効果と言ったらよいのか分かりませんが
参加者様のおだやかで落ち着いたご様子にビックリです。

 「有難うございます」の気持ちが自然に浮かびます。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (486)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (164)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (34)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード