あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2017-03

「・・・たい」のチカラ


  望みと言ったらいいのかもしれない。
「・・・たい」のチカラ

 73歳の爺さんであれば元気で2足歩行がいつまでもできることと、
PPK「ピンピンコロリ」

 今どきでありたい・・・
流行りに遅れたくない・・・等の気持ちは
若い女性に物凄い力をもたらしているように思う。
 この寒さの中で・・・・なんて思うシーンも少なくない。

 今日も地下鉄通路を小走りで向かってくる女性が
ハイヒールを前に飛ばす。
走りながらのお天気占い状態。

 「おしゃれでありたい」が
こんな器用なことまで出来るようにするなんて、
「・・・・たい」の力にビックリ。

なかよしさんコミュニケーション


  『今日ほめて、明日悪く言う人の口。泣くも笑うも嘘の世の中』
73歳ぐらいの人であれば大概は知っている言葉
その意味は言う人の都合で「善し・悪し」がコロコロ変わる。
人の話しはそこを含めて聞いていなさいといった意味。

 でも、指示されたことをしていて、それがために当事者にされてはたまらない。
すぐに根拠を確認する。
責任者のシステム無知から生じた思い違いが判明。
事なきを得たが・・・・

 そのような状況になる前になぜ当事者に確認しないのか、
それが依然不明。

 共通のルールで動くシステムにおいては、それだからこそ、
仲良しさん的なコミュニケーションでなく、
「事実をしっかり確認し合う」コミユニケーションの大切さ、必要性を実感する。

 若者のコミュニケーションに戸惑いながら働く人を応援する
「高年齢労働者応援の会」が心底欲しいと思った
73歳の爺さん。

お人柄



  日常において100%「つくろい」の無い時間と言えば・・・
寝ているときだけかもしれない。
その時でもパンツを付けているとかはあるけれども。

 仕事に出かける時は仕事にふさわしい格好で出かける。
勝負日の女性はお化粧にも気合が入る。
でもメイクできない処が一つある。
そこではなくて「目」です。
お人柄の現れる大切なところ。

 お手入れを忘れないようにしたい
この頃。

「ゆうきをだせ」爺さん



 ある食事会での出来事。
ななめ向かいの人が「箸」を落とされた。
立ち上がって代わりの「箸」を貰いに行こうかとちょっと躊躇している間に、
その方が拾い、きれいに拭いてお使いになる。

 なぜすぐに行動しなかったのか、悔やんでいるうちに、
自分が箸を落としそうになる、
何とか落ちずに済んだけれども・・・

 何か不思議を感じた食事会。

 「ゆうきをだせ爺さん」みたいに

「おとしだま」を73歳の爺さんがいただく


気になっていたことに応えてくれそうな本
{仏教思想のゼロポイント「悟り」とは何か・・・(著者魚川祐司)}を
昨年11月に見つけ、お正月中は夢中になって繰り返し読んでいました。

知りたかったことは「自分のしている仕事で自分の能力を磨き、
自分の個性を充実させ、人間として完成に導かれていく。(武者小路のお葉)」です。

 仕事をしながら自分が完成されていく等ありうるのか。
そんなことがあるのだろうか。

 ある人がお亡くなりになりますと一般的には弔辞があります、
その内容は生前の功績を称え、
残された人がその方法と功績を引き継ぎ発展させることを誓う。
 逆に亡くなる人はどうだろうか。
生前に行ったこと・その人の存在が他人の幸せに役立ったと、
その人自身が思えることです。

 つまり、
生まれて生を終えるまでに自分の内に「たしかな」ものがあることです。
この「たしかな」ものが人を完成に導くのです。

 この「たしかな」ものを頂くのが
「おとしだま」の本来の意味。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (463)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (157)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (26)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード