あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2018-04

夢うつつ「信頼」



  74歳の爺さんにとっては一番遠いところの話ではあるけれど・・・・
「日本製品の信頼」が揺らぎだしているように思える。

 そして、それは「政治家の世界」・「公務員の世界」でも、
「大企業の経営トップ」の中でも生じているのかもしれない。

 なぜそのようなことが起きるのか気になりますね。
人の上に立つ人として身につけていなければならない何かを知らないからです。
つまり大本の尊厳すべき事実を知らないからです。

 それは「人は死にます。全てを残してかの世へ行きます。もっていけるのは人格・功徳・善行為だけです」
これを幸せと言うのです。

 この気持ちで行動すれば自然に「ものごと」が
信頼される「ものごと」になっていくように思えるのだが・・・

 爺さんの夢うつつです。

真冬の花壇


 1月15日名古屋市は良く晴れました。
風もなく穏やかな一日でした。
朝の最低気温はマイナス一度、
最高気温は10度でした。
道沿いの花壇には小ぶりなお花がきれいに咲いています。

IMG_20180115_125138.jpg

 とても真冬には思えません。
熱心なお手入れと日当たりのよさが合わさると
真冬でも美しく咲くお花にビックリですね。

 お花に「こころ」が伝わったのかな?


隔たりを感じない


 用事を済ませの帰り、地下鉄での出来事。
これを「ほっこり」と言うのだろう。

 男の子二人を連れて乗ってきたお母さん。
向かい合わせに座席が一つずつ空いている。
上の男の子を座らせる。
その向かいの席に掛けた60歳位の女性が下のお子さんを手招きで呼び寄せている。
その間に上の子の座った隣の男性が席を子供連れのお母さんに席を譲っている。

 いつの間にか下の子は顔を母親の方に向け、60歳位の女性の膝に抱かれている。
手を釣り広告の方に向ける。60歳位の女性は顔を耳元に寄せながら話していようです。

 それは久しぶりに会った大好きな孫をひざに乗せた「おばあちゃんの雰囲気」。
他人の子供、自分と言った隔たりを感じない、電車の中での「ほっこり」でした

納得のいく日々


 明けましておめでとうございます。
元旦、2日と名古屋は好天に恵まれました。

 初詣に行き、お願い事をして、お賽銭をして、お札を頂いたかたも多いと思います。
そして毎年のこととしての繰り返しで何もなく過ぎたことを幸せと言うのかもしれない。

 そんな時でも「ふーっと」心に浮かんだことがあればそれを調べるようにしたい。
それを今年の目標にします。

 今までも調べるようにはしていたが、爺さんにわかりやすい・納得の検索サイトは
日本テーラワーダ仏教協会
HPのトップページ、右上Google検索BOX検索です。

 今年の初検索は「モラル」です。
一口に「モラル」と言っても他人それぞれに捉え方が違うから「モラル」と言うことが浮かぶのであって
その見極めを知るのも損は無いように思えた。

 今年こそ「納得のいく日々」の多いことを目指します。
そして『「日本テーラワーダ仏教協会」HPのトップページ、
右上Google検索BOX検索』を精一杯使わせていただきます。

 本年もよろしくお願いいたします。

お幸せに

続きを読む »

«  | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (493)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (169)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (45)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード