あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2011-09

生れたときからの完全保証

 生きつつある事実は、
  死につつある事実である。

 最近は日本でも
「病名の告知」が広く行われるようになりました。

 私(松原泰道)も去る大戦中に、
「死の告知と」ともいうべき
赤紙(軍の招集令状)を受けたり、
復員のとき当時は死病といわれた
肺結核の病名告知を受けた衝撃は忘れません。

 しかし考えてみれば 、
人は生れたときすでに、
「死の告知」を受けているのです。

 生まれたからには必ず
死ぬのです。

 生きつつある事実は、
そのまま死につつある事実なのです。

 ゆえに、
「生きている間は精一杯生き切り、
死のときは大いなる作用(例えば神仏)に任せ切る」
のです。

 これを観念ではなく
誓願(自分の全心かけた願い)・信念として、
今すぐに胸中にい入力(インプット)しておきましょう。
松原泰道禅師著「きょうの杖言葉一日一言」より引用)
  

 テッパン・100%保証のことだけれども
 考えもしないし・・・
 それが幸せなのかも・・・と時々思うこの頃

 あなたはいかがですか・・・
 








スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (475)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (159)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (27)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード