あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2017-08

元気いっぱい

  
 見たり・聞いたり・触ったり・食べたり・嗅いだりと
五感の経験と知識を重ね合わせ日々に新の自分が生まれ、
繰り返されて今の自分があるわけだが・・・

 こんな素敵な発想はありえない爺さん72歳

それは
「タンポポ」から「元気いっぱい」という言葉を浮かばせる人



スポンサーサイト

自分なりの意味・・・

 同じ言葉でもそれは、
人それぞれの意味があるようだ。

 例えば「貢献」
現役の人は「社会に貢献」する、
「企業の発展に貢献」すると言った感じ・・・

 この「貢献」をこんなふうに思っている人も・・・・・

 『相手を思いやり、相手の安心感を高めること』
 『最後まで生き抜いて天寿を全うするのも貢献ですよね。
生きるの、止めたら周りの人は気分悪くなるだろうから』

 72歳の爺さんはただうなずくだけ・・・・

 「貢献」って凄い・・・・

大変なわけ


  毎日何らかのことをして過ごしているがこれがなかなか大変だ。
  例えば
 『怒りなき職場はあらじ、嘆きなき生活はあらじ、しずかなる宵』

 『仕事は喜ばせた相手から報酬と感謝を受け取り自分も嬉しいものであり
「お金のために我慢する嫌なこと」ではない』

 『今日ほめて明日悪く言う人の口、泣くも笑うもウソの世の中』

 日常って色々に、人それぞれに、見え、思っている。
大変なわけだ

ささいなこだわり・・・



使わずに、捨てられもせずと言った状態の衣料がそれなりにある。
そこで思いつき、決めていたこと
「着られなくなるまで買わない」

台風一過チョット冷えるかなと想うこの頃、
薄手のパジャマを出して着だしたが、なにかの拍子に膝のところが破れる。
そういえば相当長く着ていた。膝のところの生地が薄くなっている。

 スーパーへ買いに行くが売り場は秋・冬ものばかり、
価格も安い・・・着る時期が目のまえ、
一瞬迷ったが、
薄手の物を探して買う。

「今着ないものは買わない」・・・
とささいなこだわり

「過去」って・・・・



  『過去は変えられないけれども、生かすことはできる』は一度と言わず、
何度も聞いたことを覚えているが、
その通りにした覚えがない。

 こんなことを思い出したのは
こんな言葉を見つけたからだ。

 それは
『過去の自分が現在の自分を応援している』
更に『過去も未来も現在に収まる』
他に『人は現在の自分を拒絶する唯一の生きものである』

 過去って・・・・・ううんな気もち。

 こんなややこしいことは手に負えない爺さんには、
現在の後ろは「過去」前は「未来」で充分。

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (482)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (164)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (32)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード