あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2017-04

不完全燃焼

 世の中は、常識・あたりまえ、
といったことでそれなりに成り立っている。
それでも一方が良くて、
もう一方に無理が生じるといったこともよくあることです。

 例えば、WEBデザイン。
 依頼者の要望・目的をしっかり確認し、
その目的が達成するHPを作ることが使命。
でもそれが出来ると次の依頼が来るまで、
つまりHPの効果が下がるまで待たなくてはならない。

 その間隔を短くするため、
依頼者の要望に応えながらそれなりに工夫をする。
その為に、自分の力を100%出し切るのではなく、
「それなりに」と言った部分をのこしながら、
次の依が早くなるように配慮する。
 つまり自己矛盾、不完全燃焼のような気持ちが生じるのも日常などと・・・・・。
でもこんな素敵な答え。
「矛盾しているものを組み合わせるのが大切なのです」

写真は矛盾ではなく、理解できない一株の木。
枝ごとにピンクと白の花をつけている。
IMG_20170406_111135.jpg



スポンサーサイト

一瞬のほっこり

 
 平日は休みの爺さんは図書館通いが日課。
約30分の歩きと、本読みのためである。

 何気なく雑木の生えている歩道を通ると、
本能をくすぐるような香りがする。
天が続いた、春の枯草の香、それとも雑木林の匂い?
とにかく懐かしい。

 田舎というよりも、山と言った方が良いようなところで育った爺さんの
DNAに刺さる懐かしい匂い。

 一瞬のほっこり気分
 そこにはこんな花も(名前知らず)
inakano kaori

大満足

  四月から週に2日だけ出勤。
平日は身体を持て余す。

  そこで、区内の行事があればなるだけ参加する。
今日18日は三味線の生演奏(津軽三味線和胤)を聞きに行く。
狭い会場で、身近に聞くその演奏は大迫力、
圧倒され、三味線のイメージが激変。
 民謡の歌い手さんが歌と、太鼓、お囃子で盛り上げる。
自然と会場全体が元気になるみたいだ。

 区の福祉行事、高齢者に元気を注入状態、
盛り上がりましたよ。

 趣味のない爺さんんも聞き手になるのも、
ある意味必要なことかかも・・・・と
開きなおって大満足、
良かった

はつもの

 「初物」と言っても食べ物ではない。
この4月から生活環境が変わり、
ローテーションで土曜・日曜だけの出勤になる。

 平日をどう過ごすかが目下の課題。
幸い「ヨガ」講座の抽選が当たる。
今日はうまれて初めての「ヨガ講座」の受講日。

 「ヨガ」ってこんなこと、と感じたところが一回あった。
それは仰向けに寝たまま、足の親指に力を入れ次は甲、次は踵と言った感じで、
力を入れるポイントを徐々に頭に近づけていく。
 「熱」のような感じも一緒についてくる。
チョットはまりそうな気になる。

 でもご安心ください。市の福祉行事での出来事。
次が楽しみ。







「きりり感」がすこしざんねん

 自分(73歳)の親でも見た記憶がすっと浮かばない。
そんな姿を福祉施設のお風呂で出くわす。

 それなりに気を配りながらついつい見てしまう。
そう言えば「ふんどし女子」ってあったような気もしたが・・・・・

 レトロな人のレトロな姿。
「きりり感」がすこし残念なお年頃、
同世代。

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (470)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (158)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (26)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード