あおくさいまま

あなたの幸せは、未熟老人の、この、ブログを育てることで、少し手に入る。 そして、ボケ老人が一人減るかも。 皆様でお育てください。

2018-07

おだやかな


  74歳の爺さんになっても 
自分の想いと違うことに出会うと心がざわつく。

 でも、こんな言葉を使う人は「こころ」が明るくおだやかな人におもえてならない。
それは『違いを楽しむ心さえあればよい』

 そしてそれは「自己管理が最高に幸せな道」を知る人の気持ちかもしれない
スポンサーサイト

きよらか


  三日連続の傘マーク。
ここ最近なかったことです。
名古屋は今日から三日続きの雨の日、予想です。
でも気持ちはこんな花のようにありたいね
20180628.jpg

そして心を清らかにする「心の科学」も学びたいね

マイペースで咲く



  6月も今日をいれて後4日。
74歳の身にとっては月日の経つのが早すぎる。
なんと今年も半分が終わるのだ。
そうであってもできることを少しでも行うのが今の爺さんのこと。

 あるお手伝いの帰り、盛りを外して咲いている一輪が何ともいい感じがする。

 DSC_0063[104]

蒸し暑い梅雨の晴れ間に マイペースで咲く一輪がさわやかに思える

梅雨のあいま


  6月25日、名古屋は暑かった。
朝の最低気温は20度、日中の最高気温は34度、
湿度が高くこれこそが名古屋の夏と思わせる天気でした。

 そんな中、郵便局まで出かけました。
その途中で見つけたビルの玄関先にあるアジサイの花。
なんと涼しげに見えたことか

DSC_0062[102]

 夏を目前にし、気合を入れなをした、
梅雨の合間の晴れの日

さわやかな「子育てさん」


 6月14日、名古屋市は梅雨の合間の快晴でした。
ちょっと用事があり出かけたときのことです。

 爺さんには、気持ちの良い光景が映りました。
それは、おんぶ紐で一人を背負い、
もう一人の子をベビーカーに乗せて押している若いママさん。

 三人とも気持ちよさそうにして、安心しきっている感じする。
子育ての窮屈さも、大変さも浮かばないステキナ空気感でした。

 晴れの日に劣らない、さわやか「子育てさん」です。

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

カテゴリ

松原泰道師著「日々好日」を学ぶ (425)
※名古屋市名東区「いくじなし」になりたくないお爺さん (496)
※富山県小矢部市生まれ赤鼻爺さん (52)
※あなたの ひそかな願いは これ (37)
※未分類 (171)
ダイレクト出版様 (37)
アフリエイト (2)
あこがれの言葉 (5)
仕事とお釈迦様の教え(原始仏教・・・?) (51)
○○になるために、これをする・・・・ (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

プロフィール

かれいだにのよし

Author:かれいだにのよし
男・・・でも男はとっくに過ぎた お爺さん

お歳・・・決まって毎年一月十日に替わる。2010年満66歳

産地・・・富山県小矢部市嘉例谷(google earthで、生まれた家の屋根が確認できる)

名前・・・桜井 與三次郎

仕事・・・一生しない(好きなことを仕事にすれば 一生 仕事をせずに過ごせる。これ夢)

かわっているところ・・・間違い:失敗:ご迷惑:空気 読めないはもちろんです。そして、「事の良し悪しは 3歳の子でもわかる。それを 行うは80の爺さんでも難しい」と、開き直っている。

 拙いブログですけれども、リンクはフリーでございます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード